旦那が買ったばっかのプロテイン床にぶちまけやがったんだけど、本人も焦ったのか「床がマッチョになる!床がマッチョになる!」って半泣きでかき集めてたから、私は竹中直人の笑ながら怒る人みたくキレるしかなかった。

こだまさんはTwitterを使っています (via c610)

床がマッチョになる。

(via long-tweet)

ある精神科心療内科?)の人と知り合うきっかけがあり、その人にこう言われた。

あなたは人の言葉をどこまで想像していますか?例えば僕は今から貴方に会話をします。理解が追いつかなくなったらストップといってください。

八百屋に林檎が売ってありました。その林檎は普段は300円なのですが、隣にあるみかんとセットで売ることになり』」

僕はそこでストップといった。

まわりにいた人は「ええっ?!」といった感じで僕を見たけれど、僕は至って真面目だった。

やっぱり僕は理解力が遅いんだ、悲しいことだ。と思ったが、その人は続けてこう言った。

最初に 『八百屋に林檎が売ってありました』といいましたが、どこまで想像しまたか?」

「そうですね、その八百屋は細い路地にあってちょうどサザエさんのに出てくるような八百屋で奥さんと旦那さんと二人で経営してると思います、一人娘もいてたまに手伝っています。多分八百屋で林檎が売ってあるは娘さんの影響かもしれません、娘さんが果物も取り扱ったら?とかアドバイスしたとか。林檎は三個セットで何かのザルに入っているのではないでしょうか?一つは青いかもしれません。」

と言った。

まわりにいた人は再度「ええっ?!」と僕を見た。

その人は

あなたは少しの情報から大きく広く想像している。普通の人はそのまま頭に情報をいれます、「八百屋に林檎が売っているんだなぁ」と。八百屋はどこの八百屋なのか、誰が売っているのか、とか普通は考えません。」

僕はそこで衝撃が走った。

「他人はそこまで想像していない。」という事に。

まぁ、それだけの話しなんだけど。どーりで昔から理解力が追いつかないわけだ。